(大阪城 提供:写真AC)

羽柴(豊臣)秀吉が織田信長に頼み込んで、養子にもらったのが四男の於次丸(おつぎまる)です。羽柴家に入り羽柴秀勝となるのですが、その縁組から、死の真相まで、どうにも謎に包まれている人物です。

その短かった生涯を追ってみましょう。

 

スポンサーリンク

 

織田信長の4男にして秀吉の養子。誕生には「信長が養子に出した説」「おねの要求説」がある。

(秀吉公像 提供:写真AC)

秀吉はどこか変質的な印象があるのですが、この秀勝を養子にしたのでもその性格が垣間見えます。実は羽柴秀勝は別にいたのです。というのは、秀吉は側室が生んだ子に秀勝と名付け、跡継ぎにしようと考えていました。

その秀勝が幼くして亡くなり、代わりに信長の子を養子にして、同じ「秀勝」としたのです。死んだ子と同じ名前をつけられる気分とはどんなものでしょう。

この二代目秀勝は秀吉が懇願しての縁組とされていますが、信長が自分の子を家臣にやることで地位の確保を図るために仕組んだとか、秀吉の正室・おねが子供のできないことに苦慮し、側室の産んだ子に継がせたくない一心で、主君の子を我が子にして跡継ぎにするべきと要求した説があります。

なんと秀吉、この二代目秀勝亡き後に養子にした甥にも秀勝の名を与えています。どれだけ秀勝の名に拘るんだって話ですよ。

秀吉の「中国攻め」に同行して初陣を飾る。

(本能寺跡 提供:写真AC)

秀勝はなんといっても信長の血筋ですから、優秀でもあったらしく、秀吉も長浜を託すなど重用していたようです。秀吉の中国征伐にも同行し、備前の常山城攻めではめでたく初陣を果たしています。

さらに大規模な水責めで知られる備中高松城の攻略にも参加し、秀勝にとってもこれから養父・秀吉の兵法を仕込まれ、実父である信長のために数々の武功を上げようというところです。

しかし、その願いは叶いません。高松城を攻めていた最中に「信長、本能寺で明智光秀に討たれる!」の一報が届けられるのです。

 

スポンサーリンク

 

山崎の戦いにも参加。弔い合戦の旗印となる。

(天王山より臨む山崎合戦の地 提供:写真AC)

「信長死す」の急報に、織田家臣の間に次期権力者の争奪戦が始まります。光秀に京都を押さえられ、秀吉は急遽和議を結んで、京都へ引き返す世にいう大返しをします。

このとき、秀勝は信長の弔い合戦の象徴に祭り上げられました。「実父を殺された秀勝のために」という名分で、自軍の士気を煽ったわけです。人たらしの秀吉らしいシナリオ作りですね。

山崎の戦いで光秀は敗れ、秀吉は権力を掌握します。

後日の後継者選びの清須会議でも、秀勝を推すかと思われた秀吉ですが、連れてきたのは信長の孫で3歳の三法師でした。秀勝がどういう思いだったかは不明ですが、この頃から病気で悩まされており、体力的に難しいと判断したのかもしれません。

京都亀山城を与えられ、信長の葬儀の喪主は秀勝が務めました。

1585年、18歳の若さで病死。暗殺説もある。

その後も賤ヶ岳、小牧・長久手で参戦し、毛利輝元の娘と結婚もした秀勝ですが、病状は悪化していき、結婚から一年も経たないうちに18歳の若さで世を去りました。

この死は、権力者になった秀吉が、織田の血筋を置いておく意味がなくなったので暗殺されたのではと疑念を持たれています。だとすれば、死んだ初代秀勝の身代わりにされて、秀吉に便利に使われただけの憐れな人生となりますね。

この直後に秀吉は三代目秀勝を養子にしています。お江が徳川秀忠の前に夫にしていたのは三代目です。ややこしい……。三人の秀勝はみんな若くして亡くなっているというのも、秀吉の暗部なのでしょうかね。

 

スポンサーリンク