(清洲城 提供:写真AC)

織田信忠の長子・織田信秀。というよりも「三法師」という幼名のほうが有名かもしれません。清須会議で秀吉に利用され、「その後どうなったんだっけ?」と消えた子役みたいな存在ですが、江戸時代まで生きていました。

「本能寺の変」後、清洲会議で織田家当主に。


(本能寺跡 提供:写真AC)

本能寺の変で信長・信忠親子が討たれ、当主を失った織田家。後継する者がおらず、家臣の間に織田家の実権を握りたい欲が渦巻いていました。

反乱者の明智光秀を討ち取った羽柴秀吉は、清州城の集まりで信忠の嫡子・三法師を後見者にしようと提案します。

このとき三法師3歳。「多聞院日記」ではすんなり決まったとなっていますが、一般的には「川角太閤記」に書かれた、秀吉のライバル柴田勝家が「ちょっと待てよ」と反対したとされています。

 

しかし、秀吉が他の面々を籠絡していたため、勝家も押し切られた形です。
こうして三法師は、織田家当主・織田秀信となるのですが、秀信をそっちのけにして秀吉派と勝家派が争うことになります。

秀吉は勝ち、天下人として着々と足場を固めてゆきます。秀信は美濃を与えられるなど一応は顔を立てられていましたが、幼少の身では秀吉に盾突くこともできず、身分も落とされ、おとなしく月日を重ねてゆくのです。

関ヶ原の戦いで、石田三成から手紙をもらう。「美濃と尾張の2国をあげる。西軍について」。

(提供:写真AC)

秀信は秀吉配下として、小田原攻めや朝鮮出兵にも参加しています。岐阜中納言となり、地味に出世もしているのです。能臣ではあったのでしょう。キリスト教の信者になるなど、変わった一面も見られます。

秀吉の死後、今度は徳川家康と石田三成が対立。三成から「美濃と尾張を与えるから味方して」と手紙をもらい、秀信を筆頭とした美濃勢は西軍につくのです。家康からも「こっちにおいでよ」と誘われますが断っています。

美濃といえば関ケ原のある地。秀信は痩せても枯れても信長の孫で影響力も大きい存在です。まさに秀信は戦局の鍵を握る立場でもあったのですね。

池田輝政・福島政則と戦い、岐阜城に籠城する。

(岐阜城 提供:写真AC)

1600年8月、池田輝政・福島正則らが1万8千の兵で美濃に進軍。秀信は自軍3千に三成の援軍6千で防戦。木曽川を渡ってくる東軍に鉄砲を浴びせます。

しかし、防衛網を二重にしていたため、それぞれで兵も半減された形だったことが災いし、突破されてしまうのです。

そうなると単純に兵力差の勝負となり、退いて岐阜城に籠城となります。ここでもよく戦いましたが、敵の池田輝政はかつて岐阜城主であり、その弱点も熟知していたため、巧みに攻められてしまいます。

この関ケ原前哨戦で秀信軍は大きな犠牲を出し、輝政に説得されて最後は降伏しました。本来なら死罪のところですが、東軍には織田家臣だった者も多く、福島正則も自分の武功と引き換えに助けてやってほしいと願い出ます。

こうして祖父の威光で死を免れた秀信は、岐阜を没収され、高野山へと送られることになるのです。

祖父の高野山攻めを理由に迫害される。その後に亡くなる。


(高野山 提供:写真AC)

高野山で出家した秀信でしたが、この20年ほど前に信長の紀伊侵攻で高野山も相当やられており、秀信は冷遇されます。

迫害が続き、5年後秀信は高野山から追放され、山麓へと移り住むも、20日後に26歳で亡くなったといいます。自害か病死か原因はわかっていません。

こうして見ると秀信の人生は、偉大過ぎた祖父・信長によって浮いたり沈んだりだったようですね。