(提供:写真AC)

日本で8月15日は太平洋戦争が終わった終戦記念日となっています。戦争が終わった日と定められていますが慰霊の日でもあります。終戦記念日について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

8月15日正午から1分間。『玉音放送』の放送開始時刻。

(昭和のラジオ 提供:写真AC)

終戦記念日の8月15日は正午に黙祷をします。これは何故かと言うと、太平洋戦争最後の年である昭和20年(1945年)8月15日の正午に玉音放送が放送されたからです。

玉音放送は天皇の声で国民に伝えるラジオ放送です。
それまで徹底抗戦で本土決戦に挑むと意気込んでいた日本が玉音放送で日本が戦争に負けて降伏すると報せる内容です。

政府や軍の首脳では無く、天皇からの御言葉で日本は頑なに続けていた戦争を終わる事になりました。国際法上の戦争終結は9月2日に東京湾で行われた戦艦「ミズーリ」での降伏文章調印の時ですが、日本がようやく戦争を終わる時を迎えた日時として8月15日の正午が終戦記念日となっているのです。

黙祷の方向は靖国神社がある方向。

(靖国神社 提供:写真AC)

終戦記念日は慰霊の日でもあります。
慰霊をする方法として黙祷をします。

終戦記念日では、黙祷は靖国神社の方向を向くのが良いと言われています。靖国神社は幕末から明治・大正・昭和の戦争での戦没者を祀る神社です。

太平洋戦争での戦没者に黙祷を捧げるので戦争全体の戦没者を祀る靖国神社へ向かって黙祷を捧げるのが良いでしょう。靖国神社は東京にあるので東京の方へ向かって黙祷する格好になります。

 

スポンサーリンク

 

正しい黙祷のやり方。


(原爆ドーム 提供:写真AC)

黙祷のやり方はその字の通りに黙って祈ります。
目をつむり静かに死者へ祈りを捧げるのです。
特別なやり方や準備はありません。

ただ1分間、亡くなった方の冥福を祈るだけです。
これは終戦記念日だけではなく、広島と長崎の原爆投下が行われた日や東日本大震災の日でも変わりません。

心を込めて平和を祈りましょう。

終戦記念日に戦没者へ黙祷をするのは特別な意味があります。
まず、戦火に倒れた人達の冥福を祈る意味があります。
また、終戦の日に黙祷をするのは平和を願う意味もあります。

太平洋戦争では軍人と民間人の300万人が亡くなりました。

死者だけではなく原爆による後遺症で戦後も苦しんだり、大陸で親と生き別れになった中国残留孤児などの悲劇が数多くありました。この悲劇を繰り返さない平和を望む祈りをする日でもあるのです。

 

スポンサーリンク