(西郷隆盛像。桐野が一生をかけて添い遂げた。提供:写真AC)

武闘派でありながら、洒落者でもあった桐野利秋は、西郷隆盛の用心棒的存在でした。西郷を崇めるあまり、やがては西郷を担いで新政府に戦いを挑みました。惚れた男のために死も厭わなかった桐野の人生に迫ります。

 

スポンサーリンク

 

「人斬り半次郎」と畏れられていた。

薩摩の城下士の家に生まれた桐野利秋(中村半次郎)。武士としては下層の身分で、上士に意地悪されても黙って耐えるしかない青春時代でした。

後に島津久光に従って京都に出て、小松帯刀に気に入られ寺田屋事件に加わったり、公武合体派の学者を暗殺するなど汚い仕事をこなし、「人斬り半次郎」と呼ばれるほどになりました。

そんな桐野は交友関係が広く、長州の桂小五郎、土佐の中岡慎太郎、水戸の武田耕雲斎などなど。坂本龍馬とも既知で、龍馬暗殺の犯人探しに駆け回ると思えば、新撰組の知人を匿うなど、多方に顔が売れていたようです。

これは桐野が情報収集の任務に当たっていたことも理由でしょうが、人斬りと畏れられながらも、一方では情が深く、人を惹きつける魅力があったためだと思われます。桐野は若い薩摩藩士の面倒もよくみていたそうで、敵にすると怖い相手だが、味方であればこんなに頼もしい男はいないという存在だったのです。

西郷隆盛に出会い、心酔する。

(提供:写真AC

そんな桐野がもっとも心酔していたのが西郷隆盛です。西郷は桐野のような「死も怖れない」男が好きで、ずいぶんと可愛がっていたようです。

桐野も西郷の人間的魅力、存在感、考え方に強く感銘を受け、西郷の邪魔をする者は斬ると言って憚りませんでした。

桐野は西郷に従い行動します。江戸無血開城のとき、勝海舟との会談のときも桐野を連れてきており、交渉次第では勝海舟を斬る準備もしていたそう。

明治になり、職を失った武士の面目のために、西郷は征韓論を進言します。武士の鬱屈を朝鮮征伐に向け、国内での暴動を抑えるのと同時に、ロシアの南下を防ぐのが目的でした。

西郷はどこまでも士族の立つ瀬を考えていたのです。しかし、意見の違う盟友・大久保利通に拒否され、西郷は政府を辞めて薩摩へ戻ります。桐野も役を蹴って、西郷に従いました。薩摩と新政府の遺恨が再燃したのです。

 

スポンサーリンク

 

西南戦争でも奮戦。討死をして、桐野星となる。

全国の士族は西郷の反乱に期待しました。明治で不遇になった武士の現状を再び回復させてくれると思ったのです。桐野もその期待を感じていました。

そして西郷を盟主にして、西南戦争を始めます。西南戦争は西郷が起こしたというよりも、桐野ら部下が西郷を神輿にして起こした戦争なのです。

西郷立つとなれば、全国の士族も蜂起してくれると楽観視していました。

ところが政府は薩摩反乱を見越して、しっかりと防備していたため、薩摩は孤立します。また、熊本を落とすことに固執しすぎて、どんどん劣勢に追い込まれてゆきました。戦闘に長けた薩摩には「突撃して蹴散らす」ことしか頭になく、ろくな策もなかったのです。

桐野は最後まで戦うことを止めませんでした。いつでも最前線で軍を鼓舞していました。しかし、西郷も死に、桐野も敵の銃弾に倒れるのです。

こうして薩摩隼人の心意気を見せた西南戦争は終結。日本における、最後の「サムライの戦」といえるでしょう。地元では、夜空でひときわ輝く星を「西郷星」と呼び、傍らにある小さい星を「桐野星」と呼ぶそうです。

 

スポンサーリンク