(京都 円山公園の坂本竜馬像。右が中岡新太郎像である。提供:写真AC)

京都の近江屋で龍馬と一緒にいたところを襲撃され、命を落とした中岡慎太郎。この近江屋事件だけでとても有名で、ただの龍馬の友達くらいに考えていませんか?ところが、彼なしには薩長連合はなかったといえるほど重要人物だったのです。今回は中岡慎太郎という人物に迫ります。

 

スポンサーリンク

 

神童だった慎太郎。14歳で塾の講師代役となる。

 

慎太郎の生まれた中岡家は元は庄屋でした。名字帯刀を許されただけの郷士で、身分としては最下層。しかし、慎太郎の英才ぶりは幼少時から近隣の評判で、14歳のときに隣村の塾で講師の代わりをしていたこともあるそう。まさに「栴檀は双葉より芳し」というところでしょう。

その後、入学した田野学館で武市半平太と出会い、心酔するようになります。江戸にまで修行に行く武市についていき、一緒に剣術を学んだといいますから、よほど惚れ込んだのでしょう。

父親の死で土佐に戻った慎太郎は、困窮していた村のために尽力しました。貧しき人々との暮らしは、慎太郎に江戸幕府への不信感を強く抱かせるようになってゆきます。

薩長同盟の影の立役者。西郷隆盛、桂小五郎らとの交渉に奔走。

(慎太郎とも知人だった西郷隆盛。二条実美が仲だちとなり、知り合った。提供:写真AC)

「徳川幕府はもういかん」と痛感し、武市半平太の土佐勤王党に加わった慎太郎。しかし、尊王攘夷派の弾圧が土佐でも大規模になると、武市を含めた多くの党員が捕縛され、慎太郎は脱藩を決意します。

脱藩後は長州藩に身を寄せ、長州藩士と交流を深めます。さらにやはり長州に匿ってもらっていた、攘夷派の公家・三条実美と知り合い、その伝手で薩摩の西郷隆盛、大久保利通らとも懇意に。やがて、これらの交際が薩長の仲立ちとなるわけですね。

 

慎太郎は長州に加わり、禁門の変、下関戦争で負けが続き、倒幕には雄藩同盟を作らなければならないと考え始めます。ところが二大藩の薩摩・長州は犬猿の仲。そこで両藩に顔の効く慎太郎が奔走することになるのです。

一般的には、坂本龍馬が薩長同盟をなし遂げたと認識されていますが、実は慎太郎が間に入って薩長をほとんどまとめあげたものを、龍馬が仕上げたというのが実情だったようです。いかにその存在が大きかったか理解できると思います。

 

スポンサーリンク

 

慶応3年、運命の日、京都近江屋で龍馬と共に暗殺される。

(近江屋跡。現在は観光スポットになっている。)

1867年(慶応3年)に龍馬と共に脱藩の罪を許された慎太郎は、薩長に土佐を加える活動を始めます。土佐藩主の山内容堂が佐幕派だったため、土佐藩としては表立って倒幕とはなりませんでしたが、兵制改革は進むこととなり、大政奉還後の戊辰戦争や西南戦争で活躍する英雄が多く育ちました。

土佐が薩長と並ぶ雄藩とされるのは、この慎太郎の努力が一助となっています。しかし、その奔走は長く続きませんでした。同年の11月、幕末最大の謎の事件、近江屋事件で龍馬と一緒に亡き者とされるのです。

ただ、龍馬は即死でしたが、慎太郎は二日ほど生き延びていくつかの証言をしています。現在伝えられている近江屋事件の内容は、慎太郎の証言が基になっています。

坂本龍馬と行動を共にしたのは最後の数年間。

土佐勤王党にいた龍馬と慎太郎はもちろん顔馴染みでしたが、一緒に行動していたのは暗殺前の3年程度です。その間に二人で薩長連合をまとめあげ、維新に最大級の功績がありましたが、両者はそれを見ることなく逝きました。

近江屋事件の真相もはっきりせず、歴史ミステリーのひとつとして、ファンの興味を刺激し続けています。

 

スポンサーリンク