(提供:写真AC)

幕末の風雲児・坂本龍馬もついに最期を迎えました。近江屋での暗殺。今なお謎を投げかけ続ける幕末最大のミステリー事件です。なぜ龍馬は命を狙われたのか?浮かんでは消える数々の容疑者たち。事件の真相とは?

 

スポンサーリンク

 

坂本竜馬は額を切られ、ほぼ即死。中岡慎太郎も2日後に死亡。

(京都河原市 近江屋跡 提供:写真AC)

1867年11月15日。2年近く前の寺田屋事件で生き延びた龍馬は、目をつけられている寺田屋は危険ということで、河原町の近江屋へ移りました。夕方に中岡慎太郎が来て、部屋で会談をします。

夜に十津川郷士と名乗る数人の男が龍馬を訪ねます。男らは取り次ごうとした龍馬の世話役・元力士の山田藤吉の背中をばっさりと斬りつけ、その騒ぎに声を上げた龍馬の居場所を知ることもできました。この後、いきなり部屋に乱入して斬りつけたか、客のふりをして挨拶してから斬りつけたか、二つの説があります。

龍馬は額を切られ、後頭部から背中にかけてもやられ、ほぼ即死だったようです。一緒に襲われ、襲撃の証言をいくつか残した中岡慎太郎も2日後に死亡しました。近江屋のすぐ向かいには土佐藩邸があったのですが、知らせを聞いた土佐藩士が現場に駆けつけたときはすでに刺客の姿はなく、事件の真相とともに闇に消えていたのでした。

 

スポンサーリンク

 

なぜ、龍馬は命を狙われたのか?

(提供:写真AC

近江屋事件が難問なのは、刺客の動機がはっきりしないからです。また、
龍馬は敵が多すぎて、容疑者が多すぎることが事件を複雑にしています。

動機としては、龍馬が成し遂げた薩長同盟、大政奉還が一番自然です。この大改革で割を食う人間は非常に多く、その恨みは必然的に龍馬へと向かいます。天誅というわけですね。

他にも動機が考えられます。まず、龍馬が活躍しすぎたこと。嫉妬や妬みを持つ者もいたでしょう。そして、海援隊の際どい商売に対する抗議も考えられます。護身用にいつも拳銃を持ち歩いていた龍馬も、自分がいつ、どこで、誰に命を狙われるかわかっていなかったのでしょう。英雄には敵も多いといういい例です。

実行犯は諸説あり。京都見廻組・佐々木只三郎らが濃厚か?

恨みを集めていた龍馬。実行犯にも諸説あります。事件当初、新撰組の原田左之助が有力な容疑者でした。これは刺客が「こなくそ」という伊予弁を使ったそうだという話から、伊予出身の左之助ではと立った噂でした。近藤勇は新撰組の関与を否定しています。

 

他に実行犯として疑われているのが・・・。

  • 大政奉還で倒幕の勢いが削がれた薩摩説。
  • 大政奉還に大反対していた会津説。
  • 海援隊の船と事故を起こし、多額の賠償金を支払わされた紀州説。
  • 龍馬の功績を自分のものにしたかった後藤象二郎説。
  • 大政奉還による戦闘の回避で武器が売れなくなったグラバー説。
  • あげくはフリーメーソン陰謀説などさまざま。

龍馬さん、どれだけ大物なんだよって話です。

 

現在、有力とされているのは、京都見廻組説です。龍馬をもっとも憎んでいたのはやはり幕府。寺田屋でも取り逃がして、大政奉還をやられてしまったのですから面子が立ちません。幕府の治安維持部隊・京都見廻組のリーダー佐々木只三郎とその部下の犯行というのが濃厚な線ではないでしょうか。

後に、見廻組の今井信郎が龍馬の暗殺を自供したこともあり、確率は高そうです。ただ、これも今井の嘘武勇伝ではないかといわれています。まあ、真相は歴史に埋もれたままでいいのかもしれません。

 

スポンサーリンク