(京都御所 提供:写真AC)

1863年8月18日未明――深夜1時、ひそやかに朝廷に参内する者がいました。

公武合体派に属する中川宮と近衛忠熙父子の公家と、京都守護職に就く会津藩主松平容保、京都所司代の稲葉正邦です。

月明りの中、御所の九門が次々に閉められていきます。
会津・薩摩など公武合体派諸藩の藩兵によって、九門は閉鎖されたのです。

尊王攘夷派の参内を阻止し、朝議が執り行われ、公武合体派のみで重要事項が決定されました。おもに、孝明天皇の大和行幸の延期、尊王攘夷派の公卿の参内禁止および謹慎、さらに長州藩の堺町門警護解任などです。

公武合体派による真夜中のクーデターは、後にこの日付をとって八月十八日の政変と呼ばれるようになります。京都の東山にある大仏妙法院で緊急協議を行った尊王攘夷派は、いったん長州に落ち延びることにしました。

八月十八日の政変で失脚した三条実美、三条西季知、四条隆謌、東久世通禧、壬生基修、錦小路頼徳、澤宣嘉は、長州藩兵2000人とともに、翌19日早朝、京都を出立しました。

大雨の中、七卿は蓑笠に草履履きという姿で落ち延びました。
現在では「七卿落ち」とも言われています。

今回は、八月十八日の政変について、わかりやすく解説します。

 

スポンサーリンク

 

政変の背景。公武合体派、尊王攘夷派とは?

(江戸城 提供:写真AC)

全国各地から尊攘の志士たちが京都に乗り込み、天誅の声高々に公武合体派や幕府関係者を相次いで暗殺、京都市内ではテロが横行します。

朝廷内でも尊王攘夷派の公家が「国事参政」と「国事寄人」という新たに設けられた重職に就任し朝廷を支配するようになりました。

 

1863年、攘夷論者である孝明天皇を中心に、尊王攘夷派の公家や尊王攘夷の急先鋒である長州藩が結託し、尊王攘夷派が勢いを持つようになりました。

さらに、尊王攘夷勢力は天皇の大和行幸を画策、孝明天皇が大和(奈良)にある神武天皇陵を参拝し、天皇自らが攘夷戦争を実行する「攘夷親征」を誓うことを目的としました。

一方、尊王攘夷派の勢いに押されていたのが公武合体派です。
公武合体派は尊王攘夷派の暴走に危機感を抱くようになります。

 

開府以来、鎖国を慣行してきた徳川幕府ですが、1853年に開国を目的にペリーが来航すると、列強の圧倒的な軍事力を前に、1854年には日米和親条約が締結され、ロシア・イギリス・オランダとも和親条約が締結されます。

さらに1858年、当時の幕府大老井伊直弼が、天皇の勅許を得ずに無断で日米修好通商条約を締結したため、各方面から幕府への批判が高まりました。

こうして、列強の脅威のもと、日本では海外と自由貿易がスタートしましたが、国内の物価が急騰、市民生活にまで大きな影響をおよぼし、一般人からも幕府を非難する声が大きく上がりました。

 

当時は共通の認識でしたが、本来政治の権利を持っているのは天皇ですが、徳川幕府に政治の権利を譲っているため、徳川幕府が天皇にかわって政治を行っているにすぎません。

ペリー来航によって、徳川幕府が開国依頼の未曾有の危機に対応する能力がないことが浮き彫りとなったこと、さらに幕府の朝廷を無視した暴挙により、天皇を敬い外国勢力を排斥するという「尊王攘夷」をスローガンとした勢力が台頭してくるようになります。

尊王攘夷を藩論とし、尊攘の急先鋒として名乗りを上げた長州藩では、過激な尊王攘夷論者であった吉田松陰が主宰した松下村塾で指導を受けた高杉晋作、久坂玄端などが中心となって尊王攘夷運動を牽引していきます。

 

尊王攘夷派と対抗したのが公武合体派勢力です。

朝廷と幕府が対立が深刻化する中、双方の関係を修復することで、朝廷と幕府、さらに諸藩を含めた日本全体が一致団結、ともに協力して難局を乗り切ろうという意見が出てきます。徳川体制の意地をする側ですね。

当時は会津藩や薩摩藩などが、公武合体を藩論としています。

1862年、孝明天皇の妹である和宮が将軍・徳川家茂と婚姻し、着実に公武合体が進められていきますが、尊王攘夷派の勢いに押される形となりました。

 

公武合体派が危機感を募らせる中、8月15日には孝明天皇の大和行幸が正式に発表されます。この同日、中川宮は孝明天皇より尊攘派公家の参内を禁じる詔勅を得ます。公武合体派が行動を起こしたのが、8月18日未明のことです。

朝廷および京都から尊王攘夷派を一掃するクーデター「八月十八日の政変」を起こしたことにより、公武合体派と尊王攘夷派の形成が逆転、尊王攘夷派の三条実美をはじめとした公家も異変に気が付いて御所に走りました。

しかし、すでに参内は認められず、それまで御門の警備を任されていた長州藩兵も撤収を余儀なくされました。

長州藩、下関にて外国船を砲撃する。

(関門海峡 提供:写真AC)

1863年3月、およそ230年ぶりに幕府将軍が上洛しました。

孝明天皇の妹・和宮と結婚した、将軍・徳川家茂が上洛したのには、この公武合体派によって実現した和宮降嫁に理由がありました。

和宮降嫁を実現させるために、幕府は提示された攘夷実行の条件を承認していたのです。尊王攘夷派の三条実美らの公家に再三にわたって催促されたため、徳川家茂は上洛を余儀なくされたのです。

 

この時、将軍後見職として家茂とともに上洛した徳川慶喜は、尊攘派に押し切られ「5月10日をもって攘夷を決行する」と朝廷に約束しました。

尊王攘夷派はこの朗報に浮き立ちますが、徳川慶喜に攘夷決行の意思はありませんでした。こうして攘夷決行の期限である5月10日をむかえました。

各藩も攘夷決行は先送りと決め込みます。

 

しかし、5月10日当日、関門海峡を通過していたアメリカの商船ベンブローク号に長州藩の軍艦庚申丸が砲撃、攘夷を決行したのです。

5月23日には庚申丸とともに癸亥丸、壬戌丸がオランダ軍艦メデューサ号を砲撃しますが、6月1日にはアメリカ軍艦ワイオミング号が反撃、庚申丸をはじめ2隻が沈没しました。

さらに6月5日、フランス軍艦セミラミス号によって長州藩の前田砲台が占領、攘夷を実行した長州藩でしたが、外国勢力の報復により完敗しました。

 

スポンサーリンク

 

攘夷親征が計画されるも失敗に終わる。

(神武天皇御陵 筆者撮影)

1863年6月頃から、朝廷内では孝明天皇の大和行幸が画策されます。
これは、真木保臣の提案により、攘夷派の公家たちが根回しを行ったもの。

この大和行幸の目的は、孝明天皇が大和(奈良)にある神武天皇陵を参拝して、天皇自らが攘夷戦争を実行する「攘夷親征」を誓うことにありました。

 

1863年8月13日の朝議で、孝明天皇の大和行幸が正式に決まります。

8月17日、孝明天皇の大和行幸に先立ち組織された天誅組が大和五条代官所を襲撃・占拠、攘夷のさきがけとして蜂起しました。

 

しかし、八月十八日の政変によって孝明天皇の大和行幸は延期され朝廷の後ろ盾と蜂起目的を失った天誅組は壊滅します。

八月十八日の政変で京都を追放された尊王攘夷派の志士、平野国臣は、天誅組に呼応して但馬での挙兵を画策、長州に落ち延びた七卿のひとり、澤宣嘉を担いで生野の変を起こしますが、数日で鎮圧されました。

もっとも、孝明天皇は攘夷論者ではありましたが、大和行幸に関しては反対でした。

事件の影響。長州藩は「朝敵」になってしまう。

(京都 提供:写真AC)

1863年8月18日、公武合体派のクーデターが成功して、長州藩は「朝敵」として尊王攘夷派を代表する7人の公家とともに京都を追われました。

八月十八日の政変によって京都から尊王攘夷派が一掃されると、10月、薩摩藩の島津久光が兵を引き連れて京都入りしたのを皮切りに、福井藩の松平春嶽、土佐藩の山内豊信など公武合体派の大名が続々と入京しました。

1864年4月1日になると、島津久光、松平春嶽、山内豊信に加え、会津藩の松平容保、一橋慶喜、宇和島藩の伊達宗城によって参与会議が成立します。

朝廷でも尊王攘夷派だった関白鷹司輔煕が罷免、親幕派の二条斉敬が関白に就任し、公武合体派と足並みをそろえる形となりました。

 

1864年には、尊王攘夷派の志士たちが京都市中に潜伏するようになります。

6月5日、池田屋という旅籠でクーデターの詳細を話し合っていた尊王攘夷派の志士たちを、京都守護職お預かりの治安維持組織新選組が現行犯で一斉検挙した池田屋事件が起こります。

失地回復を図った長州藩は、池田屋事件をきっかけに挙兵して入京します。しかし、御所を守る会津藩、薩摩藩を中心とした幕府勢力に大敗、久坂玄端、入江九一など主力メンバーも死亡して、藩存亡の危機に立たされます。

さらに事件の影響として特筆すべきは、八月十八日の政変から4年後、明治天皇によって天皇親政が宣言されたクーデター、王政復古の大号令でも、八月十八日の政変でとられた手法が参考されたことが挙げられるのです。

 

スポンサーリンク