(提供:写真AC)

新撰組とともに京都の治安部隊として活躍した京都見廻組。そのリーダー佐々木只三郎は剣で出世し、剣で怖れられ、剣で銃に立ち向かって死んだ、まさに「剣に生きた男」でした。彼の光と闇に迫ってみます。

 

スポンサーリンク

 

京都見廻組を率いて、尊皇派から畏れられた。

(提供:写真AC)

佐々木只三郎は会津出身。幕府方の重臣・松平容保のお膝元ということで、徳川家への忠誠が強い土地です。江戸に出て、神道精武流を学んだ只三郎は、清河八郎が発案した将軍家茂の護衛隊・浪士組の一員として京都へ向かいます。

清河の反乱によって組が江戸に戻され、京都に残った組員が新撰組となるのですが、只三郎は江戸に戻ったほうでした。

その後、剣の腕を買われ、幕府から清河暗殺を命じられ、それを果たします。容保が京都見廻組を設けると、只三郎は入隊のため再上洛。

 

以来、容保の私設部隊のような新撰組と、幕府直属の見廻組が京都の尊皇派を片っ端から検挙してゆくのです。

この二隊は同じ目的のくせに、ひどく仲が悪かったようです。見廻組は官庁、新撰組は市井を担当という住み分けもありました。

幕府直属の見廻組には、新撰組などチンピラ集団に見えていたのかもしれません。なんにしても二隊が功を争って、互いが血なまぐさい仕事だったので、尊皇派は動きにくかったに違いありません。

 

スポンサーリンク

 

坂本龍馬・暗殺の犯人とされる理由。

(提供:写真AC)

只三郎といえば、坂本龍馬暗殺の第一容疑者として知られています。尊王攘夷の雄藩・薩摩と長州を結びつけた龍馬は幕府の敵。

当然、暗殺の疑わしいのは見廻組と新撰組になるでしょう。新選組は関与を否定しており、見廻組は「やった」と言っていますから、かなりクロということになります。

さらに証拠となりそうなのが、只三郎の実兄で、容保の右腕と呼ばれていた会津若年寄・手代木直右衛門が亡くなる直前に「容保様の命令で、龍馬を斬ったのは弟の只三郎だ」と言い残した記録があるからです。縁者の話なのでどこまで信じられるかは疑問ですが、他の話と合わせてみると、符合するといえそうです。

見廻組は幕府側の部隊ですから、只三郎が龍馬を恨んでいたとかいうのではなく、単に命令された仕事をしただけでしょう。暗殺からたった2ヶ月後、龍馬がまとめた薩長討幕連合により、只三郎はその仇を返されることになるのです。

鳥羽伏見の戦いで重傷を追って死亡。

討幕派の威勢に驚いた幕府は、大政奉還して肩透かしをくらわせます。

幕府は「これでいいでしょ」で済ますつもりでしたが、直轄の領地を持ったままの徳川が権力を握っているのは変わらず、これに薩摩が猛反発。鳥羽街道を抑え、戦闘の構えです。

こうなると幕府側も「薩摩、この野郎」となるわけで、両者はついに激突。見廻組の只三郎も幕府軍にいました。「薩摩、通せ!」「通さん」と問答合戦があり、薩摩が一発砲撃しました。長く続く戊辰戦争の勃発です。

 

数に物を言わせて突き進む幕府。ここに只三郎ら見廻組がいました。薩摩は左右から銃撃を浴びせます。見廻組は刀しかありません。それでも只三郎は薩摩に何度も攻撃を仕掛けます。

しかし、銃を相手に刀では無茶というもの。只三郎は腰を撃たれて重傷となり、紀州へ逃れますが、その途中で亡くなりました。享年は35。最後まで剣士であったのです。

 

スポンサーリンク