(提供:写真AC)

よく「浅井長政」と取り違えられることが多い浅野長政。

浅井長政は、織田信長の妹・お市の方と結婚した武将として有名ですが(戦国BASARAでも有名)、浅野長政はまったくの別人なので注意!

ただ、この浅野長政はかなり優秀な人物で、のちに豊臣五奉行に数えられるまでに出世していますし、活躍を知れば浅井長政と混同することはありません。豊臣から徳川へ、華麗な浅野長政の生涯をまとめました。

 

スポンサーリンク

 

浅野家の養子になり、秀吉との縁ができる。

(豊臣秀吉像  提供:写真AC)

まず、浅野長政の生まれを簡単に紹介しましょう。
浅野長政は、終わりの安井家というところに生まれました。

ここからが複雑で、実は長政の姉は蜂須賀小六という人物のところに嫁いでいます。この蜂須賀家が、のちに長政がいた安井家を吸収してしまいます。

安井家がなくなってしまい、長政は行き場所をなくしてしまったのですが、母方の叔父・浅野長勝の養子になり、浅野家を継ぐことになりました。

さて、この母方の縁である浅野家の養子にいったことが、長政の運命を大きく変えることになります。この浅野家の養女の中には、秀吉の正室となるねねがいました。

ここから秀吉との縁ができ、信長の家臣だった長政は秀吉の与力として働くことになったのです。秀吉とねねは戦国時代には珍しい恋愛結婚でしたので、寧々と同じ浅野家の長政のことは大切にしたようです。

 

また、生まれが農民だった秀吉にはまだ家臣が少なく、その中で自分のために働く長政は頼りになる存在でした。「本能寺の変」で織田信長が死んだ後も、秀吉が敵対する柴田勝家と戦った「賤ヶ岳の戦い」に参加するなどして功績を挙げ、大名になりました。

豊臣家の中で五奉行となるほどのぼりつめた長政は、秀吉の命令で「太閤検地」も実施しています。秀吉の片腕といっていいくらいの存在であったことが、良く解ります。

秀吉の死後は家康についた長政

(家康像 提供:写真AC)

その秀吉が亡くなると、豊臣家の家臣たちはふたつに分かれてしまいます。
石田三成と、加藤清正らの家臣たちが派閥を作って争うようになります。

そして、同時に力をつけてきたのが徳川家康。豊臣家の中には緊迫した空気が流れていました。なんといっても、加藤清正らは三成を暗殺しようとまでしているので、よほどの対立だったのが解るでしょう。

 

浅野長政も三成と対立関係にあったと言われていますが、現在では否定されています。ただし、長政の息子・幸長は三成が大嫌いだったようですね。

その後、天下を狙う家康は、豊臣家の力を削ぐ意味もあったのか「自分を暗殺しようとした」という疑いをかけ、長政らを謹慎させます。これがきっかけで、家督を息子に譲り隠居しました。

 

やがて、豊臣家臣の争いは決定的となり、「関ヶ原の戦い」が勃発。

浅野長政は徳川秀忠(家康の息子)に従っていたため、関ヶ原の本戦に間に合いませんでした。しかし、浅野家の家督を継いだ息子・幸長は奮戦。戦ののち、浅野家は活躍を認められ加増もされています。

 

誤解されがちなのですが、「関ヶ原の戦い」は家康が天下を獲るための戦いではありません。あくまで「豊臣家の家臣同士の争い」であり、それが結果的に家康の天下につながるため「天下分け目の関ケ原」と呼ばれるのです。

「関ヶ原の戦い」で一気に存在感を強めた家康ですが、浅野長政はあくまで豊臣側を貫いたと言われています。そして、「大阪夏の陣」で豊臣家の滅亡をみることなく、亡くなりました。享年・65歳。

若いころから秀吉を慕ってきた長政が、豊臣滅亡を見ずにすんだのは、ある意味幸運なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

浅野長政の子孫は「赤穂事件」のきっかけになった浅野長矩

(提供:写真AC)

さて、ここで浅野長政の三男・長重に注目しましょう。

長政は、生前に「隠居料」をもらって生活をしていたのですが、長重はこの隠居料を引き継ぎます。長重の代では笠間藩主でしたが、子・長直の代になり播磨国赤穂藩(兵庫県)の大名となりました。

 

勘のいい方は、もうお気づきですよね?

そう、この長直のひ孫にあたるのが「赤穂事件」のきっかけとなる浅野長矩(あさのながのり)なのです。「忠臣蔵」の時代劇でも有名ですね。

 

それでは「赤穂事件」の流れを簡単に。
諸説ありますが、一番有名な説を紹介します。

長矩は、長く「吉良上野介」という人物と折り合いが悪く、侮辱されていました。それを長矩は我慢していたのですが、天皇の勅使をもてなす場で恥をかかされたことで堪忍袋の緒が切れ、上野介を斬りつけてしまいます。

 

これが江戸城の中だったので、長矩はすぐにとらえられ切腹。浅野家も「お家断絶」という重い罰を受けることになりました。しかし上野介には、なんのお咎めもありませんでした。

浅野家に忠誠を誓う浪士たちは、城を明け渡した後も浅野家復興のために働きますが、時の流れとともにそれはかなわなくなってしまいます。

そこで、浪士たちは赤穂から江戸に上京。

 

吉良上野介が屋敷にいることを確認して押し入り、見事に討ち取りました。長矩が亡くなった一年後に、浪士たちは見事に仇を討ったのです。浪士たちは全員が切腹を命じられて死にますが、遺体は長矩の傍に葬られました。

赤穂浪士の忠誠心を知った江戸の人々は、その活躍を讃え、のちのちまで彼らの存在を語り継ぎました。

そして、それは幕末の新選組にも影響を与えます。新選組の有名な「だんだら模様」は、赤穂浪士からとったもの。江戸生まれの近藤勇・土方歳三らも赤穂浪士の活躍を聞きながら育ち、その忠誠心を隊服に込めたのでしょう。

 

スポンサーリンク